2018年9月23日日曜日

1日目 成田ー香港ーデンパサール

成田発は正午。
成田日航ホテルに前泊して備えました。(ちなみに失効しそうなアジアマイル使用のため、実質無料)

2時間以上前にはもうチェックインできました。

(´∀`*)ウフフ
激安とはいえビジネスクラス。
もちろんチェックインもガラガラだったためすぐに済みました。




何度来ても、成田のここはテンションあがる。

※香港航空は現在第一ターミナルからの出発です。



では早速ラウンジへ~

第一ターミナルにオープンしたばかりの「NARITA PREMIER LOUNGE」です。
航空会社共用ラウンジ。
以前のデルタのところかな??







もちろん午前中でも飲みます。

ブルーチーズがあって嬉しかったな。
しかもガラガラ。

トイレがいったんラウンジから出たところなのでそれがちょっと面倒くさいけど、全然アリなくつろげる場所でした。


さてさて搭乗~

おお!
機材かわってる!

実は香港までの機材はビジネスたった8席のA320の予定だったのですが・・・

素人が推測するに、この日まだ台風の影響で関空が閉鎖状態だったので、その振り替えとして大きい機材になったのかな?と。
食事はエコノミーの人も多かったので。
関空予定だった人、大変でしたよね・゜・(ノД`)・゜・

香港航空ですが、ウェルカムドリンクは水かオレンジジュースかアイスティーでした。
シャンパンは離陸してから持ってきてくれます。
あと、小さな水のペットボトルも最初からあるので、風邪気味だった私は大変助かりました。


香港到着!
香港空港は大きいから電車に乗って移動。
最初に行ったクラブバウニヒアで、新しくできたClub Autusの方に行ってね、と。
また電車に乗って移動。。。





けっこう広いし食事系もしっかりあるし、よかったです。
(キャセイにはかなわないけど仕方ない)
乗り継ぎは3時間ほどあったのですが、時間あまって仕方ないくらいでした(^_^;)



さて、やっとバリまでの搭乗開始。






ラッキー!
こちらも機材変更となり、フルフラットシート!
快適すぎてもったいなく、映画「祈りの幕が下りる時」を鑑賞。

・・・・・・・・゚(゚´Д`゚)゚

同じような時間に同じ映画を観ていた従姉妹と号泣。せ、せつない。
そして「松嶋菜々子ってやっぱり美人」という結論になりました。


さてさて。
1日中飲んで食べて泣いて寝て。
深夜にやっとバリ島到着です。

しかし、入国に長い列。。。1時間ほど並んでお願いしておいたホテルの送迎を見つけ、ホテルに着いたのは1:30。

チェックインのときに、帰りの送迎もお願いしてへろへろになりながら部屋まで移動。




ホテルはWatermark Hotel and Spa Bali。
HIS系列なのかな?
せっかくなのでプール付きスイートにしました。
(これは翌日撮った)

広さは十分。
ウォーターサーバーあり。
ドルチェグストあり。
使わなかったけどクリーニング無料。

しかし、バスルームの使い勝手が・・・・BAD。
まあ部屋にほとんどいなかったので贅沢すぎるくらいでした。

ここでもおしゃべりしまくり、寝たのは・・・いったい何時だったんだ?
翌日は朝早くからハードスケジュールだというのにね。
女性同士ってのは話が尽きませんわ。

滞在時間48時間!弾丸バリ島女子旅

タイトル通り、なんと現地滞在時間48時間という超弾丸でバリ島に行ってきました。

同行者は前回シェムリアップに一緒に行った従姉妹。
使えるのは4日間。
そしてカンボジアとイメージ的にかぶっていない東南アジア・・・・で乾季の場所。
検索しまくっていたら、香港航空でバリ島への激安ビジネスクラスチケット発見!
直行便のガルーダインドネシアのエコノミーに数万円追加で買えました。
弾丸なのに乗り継ぎというね(^_^;)
でも乗り継ぎ時間もいいし、ビジネスで寝ながら移動しよう!と即決。

今回はエクスペディアで航空券・ホテルを手配しました。
数年前、電話対応とクチコミの悪さにキャンセル料を払ってまで取りやめたことがあるのですが。。。
チケットの安さとAIR割のホテル代の安さに勝てず(^_^;)
でもメールの問合せの返事もかなり早く、割と安心できましたよ~
ホテルは1回変更したのですが、返金も即日されました。(もちろんキャンセル料無料のホテルね。)

スケジュール、
1日目 成田12:00 香港乗り継ぎ デンパサール着00.30
2日目 フリータイム
3日目 夜までフリータイム 22時頃空港へ
4日目 デンパサール1:30 香港乗り継ぎ 成田着14:50

なんちゅうハードスケジュール。。。
ホテルは空港に近いジンバラン地区にして、2泊のところを3泊分予約してギリギリまで部屋を使えるようにしました。

で、結論。
このスケジュールでも充分いけます(笑)
時間がとにかくないから、事前に観光スケジュールも食事の場所も決めたのがポイントかな。
迷う時間なんてなし!
おかげで部屋のプールもホテルのルーフトッププールも楽しむ時間まで作れました。
従姉妹が大好きな買い物時間もたっぷり。
すべてやり尽くして、帰国することができました。




では弾丸バリ島旅行記はじめます。






2018年4月7日土曜日

最終日 カティクランから羽田へ

海とビーチとビールと食事しかしていないので、もう帰国の記事です(笑)


最終日。朝はどんよりしていたお天気がチェックアウト時間にはピーカン。
これで帰るのがくやしいほどのお天気でした。

連日気温もかなり高いので、朝シャワーを浴びてもすぐ汗だく。
旦那はタオル売っている物売りから買おうかと悩んでた(笑)


最終日はパッキングのあと、カフェ・デル・ソルというカフェに寄りました。
ここで娘にスイカを頼んだつもりが、スイカジュースがきてしまった...
ごめんよヽ(;▽;)ノ

私はカプチーノのラージをオーダーしたら...ますます汗だく!!
いったんホテルに戻ってまたシャワー。

後ろ髪をひかれつつチェックアウトしました。
こちらのホテルにはカティクラン空港からの送迎がついています。
予約時に時間を伝えておけばOK。帰りも前日にホテル出発の時間を教えてくれます。


私たちの他にも何人か一緒に送っていただきました。

まずは...ホテルから大通り(というか車の通れる道路)まで徒歩。
こちらはトライシクル!
そういえば全然乗らなかった。。。



このあとワゴンで港まで運んでいただきます。


行きよりしっかりした船でした。

10分程度でパナイ島に到着。
カティクラン空港まではすぐです。



着いたときもびっくりするほど小さな空港でしたが、こうして見るとやっぱり小さい。

こちらでチェックインの際に、プライオリティタグを預け荷物につけていただいたのですが、こちらの確認不足で旦那のスーツケースにはついていませんでした。
発覚したのは羽田に到着したとき。
ビジネスクラスにもかかわらず、なんとよりによって旦那の荷物は最後!ヽ(´Д`;)ノ
ロストバゲージを一瞬想定しました。。。

ほんとに小さい空港なので、待合エリアには売店とスタバのみ。
人は多いのでまず座るところを確保するのがいいかも。


マニラまでエコノミープラスでしたが、往路とは違い、ただの2列目でした(´;ω;`)
まあ45分程度なのでどうでもいいんだけど。


往路で美味しかったこちらの軽食。旦那も楽しみにしていました。
往路はサンドイッチでしたが、復路はこんな感じ。
中身はお肉かな?やっぱり美味しかった。

たった45分の間に、水と軽食配って、ごみを集めて、CAさん達大変だなあ。


マニラに到着して今度は国際線ターミナルを目指します。

こちらはカティクランで渡されたトランジットのシール。
これを目立つところに貼っておいたら、警備員の方に「ハネダ?」と言われただけで国際線ターミナルに入れました。
ちなみに旦那はシールがとれてしまったので、とめられていた(笑)
恥ずかしくても貼った方がいいです。


マニラではマブハイラウンジへ。



 お粥がおいしい~
お肉も人気でみんな食べてた。


娘はスイカ。
靴がサイドテーブル下に揃えてあるのが笑えます(^_^;)






そんなに期待してなかったけど、想定外によかった気がします。マブハイラウンジ。
乗り継ぎ時間が長かったので、旦那の日経ビジネスを借りて時間つぶし。




搭乗したらシャンパンをオーダー。
カナッペもきました。(娘にも)



娘は和食。
ごはんアツアツだし、普通にやっぱりおいしい。





私はウエスタンの魚。




デザートのアイスクリームが美味しくて、娘の残した分も食べちゃった~






タブレットを借りて、ブラックスワンを今更ながら鑑賞。
でもマニラー羽田なんて短いので最後の数分が間に合わず、着陸体制になってしいまいました・゜・(ノД`)・゜・



羽田に着いたのは夜中。
前述のように旦那のスーツケースがでてこなくて、後泊のホテルに着いたはAM1:30頃。
疲れました。が、やっぱりリゾートは素敵です。今回もいい旅でした。





おまけ。

なぜか帰国して羽田に着いた瞬間から脚が痛くて痛くて。
激しく痛むのでギプスと松葉杖生活になった私。
原因不明でしたが、化膿止めの飲み薬で劇的に回復したので雑菌でも入ったのかな?
気をつけるよろし。









ここで食事には困らない

ボラカイ島はレストランがとにかくたくさんあります。
私たちはガイドブックを参考に何店か行きました。


有名なパラディソグリル。
夕方になるとビーチにもテーブルがたくさんセッティングされます。

好きな魚介や肉を指定してグラム数も指定。
(観光地でよくあるパターン)
絶対ロブスター勧められるけど高いので、我が家はいつもエビやイカ。
味はまあこんなもんかな?エビはフーコックの方が美味しかったかも...
(4尾で2000円というけっこういいお値段でしたが)



娘はビーフバーガー。




サンミゲルとスイカジュースで乾杯。



さすが人気店だけあって賑わってます。




イタリアンの有名店Aria(アリア)にもランチで行きました。
パラディソグリルのすぐ近くで混み合っています。




ハズレなしの美味しさでした。




クチコミで評価のよかったお店がこちら。(なんだけど名前忘れた...)
こちらはフィリピン料理。
これも味しかったです。

が、苦しかったのがこのあとオーダーしたハロハロ!
ものすごーーーいボリュームでヽ(´Д`;)ノ


基本的にどこもシェアして食べないと日本人は無理かも~、という量でした。
ステーキなんかも大きいし。



番外でホテルの朝ごはん。
朝からお肉もお魚もたくさんありましたが、ランチのことを考えて、毎日サラダと玉子料理をお願いしていました。
こちらはエッグベネディクト。ミニサイズで食べやすい。
でもエッグステーションではやっぱりオムレツが好きかな~


基本的に癖の強い味は少ないので、初めての味は拒否する娘も全然困りませんでした。
ピザがあれば大丈夫な子なので(´∀`)



2018年4月6日金曜日

フォトジェニックな島

2日目も3日目もずっと海にいました。そしてずっとビール飲んでいました(^_^;)


ビーチにたまに現れるサンドアート。


現地のこども達がつくっています。
写真撮影するにはチップ必要。これはたまたま誰もいないときに無料で撮ったもの。
サラサラの砂でよくこんなアートができるなあ...と感心しちゃいます。


今回、魚眼レンズぽい写真がたまに登場していますが、Goproで撮影しています♫
小さくてタフでズームはできないけどお手軽に撮影できて楽しい。


こちらもGopro撮影。よく見ると家族全員オソロ(笑)
これは私がシェムリアップで買ってきたんです。
こんなときじゃないと着られない!と記念撮影。
お坊さんのイラストです。



これもGopro。バーディーというパラシュートにセットして、放り投げるとこんな写真(動画から切り取る)が運がよければ撮れます。


こちらがバーディー。(写真横ですみませぬ)
私はアマゾンで買いました。







どこにも行かずにずっとホテル前ビーチで遊んで(たまにホテルのプール)いました。
ゲーム好きな娘も「いっぱい海で遊ぶからゲームは持っていかないよ。」と最初に宣言したとおり、親がダウン寸前まで遊びまくりました。


Goproバーディー!



乾季なのでほんとにいい天気。藻が少しあったけど、まったくない時間帯もありました。
ボラカイ島は2018年4月下旬からしばらく下水処理工事で閉鎖されるようですが、その前に行けてよかったな。
でもそのあとのオープン時はもっともっと綺麗な海になっていることを期待します。(いや、このときも見た目は充分綺麗だったんだけどね)


ここはどこを切り取ってもいい写真になる場所。



写真が斜めですが、これはクラフトビール。
近くで売っていたそうで旦那が買ってきてくれました。
旦那はサンミゲルを飲みすぎて最後飽きてた(笑)



しつこいようですがとにかくサラサラの白い砂。
親も夢中で砂遊びする始末。




さんざん遊んで遊んで夕方になってもまだ海やプールが名残惜しい娘。
(ちなみに娘が履いているビーサンもシェムリアップで購入。)





夕方になるとサンドアートにキャンドルが灯ります。
こちらは50ペソ渡して撮ってもらいました。
さすがにお金を渡すとライトまで当ててくれます(笑)
これ年賀状に使えるかな~



うーん、今すぐにでもまた戻りたいビーチ!